紫陽花の鉢植えを室内で育てる方法

紫陽花の鉢植えを室内で育てる方法

 

紫陽花って綺麗ですよね。

涼しげな見た目て、気分もリフレッシュさせてくれるので、
花の中でも一番好きという人も多いと思います。

そして、紫陽花の種類にもよりますが、紫陽花は育てやすい分類の花になりますので、
初心者でも気軽に育てることができます。

ですのでまだ紫陽花を育てたことがない一人暮らしの方でも、
安心して室内で鉢植えの紫陽花を育てることはできます。

ただ、育てやすいと言っても、全くの初心者の場合、
どうやって育てればいいのかもわかりませんよね。

ここでは、紫陽花を室内で鉢植えで育てたいという人に向けて
紫陽花を室内で育てる方法について詳しく解説をしていきたいと思います!

こちらも読まれています↓↓
紫陽花の鉢植えが枯れる原因と対策

Advertisement

紫陽花の鉢植えを室内で育てる方法

紫陽花の鉢植えを室内で育てる方法

まず紫陽花ですが、室内でも育てることができるのでしょうか?

結論から言えば、品種によっては可能です。

Advertisement

紫陽花は上記の通りたくさんの品種があります。

その中でも日本古来の品種であるガクアジサイなどは、
室内で育てるのは難しいのですが、秋アジサイと呼ばれる、
秋に咲く紫陽花の品種は小ぶりな花を咲かせ、
直射日光もそこまで必要ないので、室内で育てることに向いています。

ですので、紫陽花を鉢植えで育てる場合には、
品種は注意して選ぶようにしましょう。

紫陽花の種などは園芸店に行けば売っています。

園芸店の店員さんに聞けば、オススメの品種などを紹介してくれると思いますので、
気になる方は聞いてみましょう。

では続いて、紫陽花を室内で鉢植えで育てる際の方法についてです。

植木鉢ですが、基本的には花に合わせたお好きなものを選べば大丈夫です。

室内に置きやすいものだとデザインも凝ったものが多いので、
お好きなものを選べば、開花後の花と合わせてとてもマッチしますよ。

まずは紫陽花の鉢植えの置き場所についてです。

室内で育つ場合の紫陽花の品種は、直射日光を嫌うものが多いです。

しかし、完全に日が当たらない場所というのも、光合成ができなくて、
うまく育ってくれません。

ですので、基本的には明るい日陰であったり、
午前中は日のあたり場所に置いておいて、
午後からは日の当たらない場所に鉢植えを移動させるなどの
工夫をするようにしましょう。

また、できたら窓を開けて風の通り道を作ってあげると、
紫陽花に自然の風が当たって、より良い環境で育てることができます。

逆にNGなのが、エアコンの風が直接当たってしまう場所です。

エアコンから出る冷風や暖風などの人工的な風は、
紫陽花にとっては良くないので、成長にも影響をします。

エアコンを使う場合には、紫陽花の置く場所には気をつけてください。

続いて水やりについてです。

水やりは基本的には地植えでも、鉢植えでも大きく変わりません。

紫陽花は乾燥を嫌う植物ですので、土が乾いたら水をあげるようにします。

その際、鉢植えの場合は受け皿をおいておいて、
受け皿に水が溜まるまでたっぷりとあげましょう。

しかし、水を好むからといって、水の上げすぎや受け皿に水が溜まったままだと、
根腐れを起こす可能性もあります。

ですので、受け皿に水が溜まった場合は、
その水はしっかり捨てるようにしましょう。

花が咲くと、紫陽花はたくさんの水が必要になります。

ですので、茎につぼみがついたり、花が咲いている時は、
毎日土の状況をチェックして、しっかり水をあげるようにしてください。

このようなことを守れば、室内でもしっかりと紫陽花を育てることができます。

難しいと感じるかもしれませんが、これらはどんな植物でも
育てる上ではそう変わりません。

花に適した環境作りは、花を育てる上では必須ですので、
しっかりと行うようにしてくださいね。

Advertisement

紫陽花の鉢植えを室内で育てるときの注意点

紫陽花の鉢植えを室内で育てる方法

紫陽花の鉢植えを室内で育てる際には注意点もあります。

続いて紫陽花の鉢植えを室内で育てるときの注意点について解説をしましょう。

紫陽花の鉢植えを室内で育てる際には剪定に注意をしましょう。

剪定は鉢植えや地植えにかかわらず紫陽花を育てる際には必要になります。

鉢植えの場合の紫陽花は小ぶりなものが多く、
剪定が必要ないと思われですが、そんなことはありません。

翌年も翌々年、紫陽花を綺麗に咲かせるためには鉢植えで室内でも
剪定は行うようにしましょう。

紫陽花の剪定ですが、基本的には花が咲き終わった後の、
休眠期に行うようにしましょう。

室内の秋に咲く紫陽花でしたら、年末から年始にかけての冬の時期です。

この時期に花が咲き終わった茎から2,3節目までの茎を切り落とすようにしましょう。

そうすることによって、紫陽花の大きさを調節することができて、
また翌年にも綺麗な紫陽花の花を咲かせることができます。

剪定は他にもタイミングあるのですが、初心者の場合は花後の剪定のみで大丈夫です。

剪定を忘れると、花が咲かなくなってしまうこともありますので、
忘れずに行ってくださいね。

Advertisement

紫陽花の鉢植えを室内で育てる方法のまとめ

紫陽花に限らずお気に入りの花を育てることは、
気持ちをリフレッシュさせてくれます。

それは毎日真心込めて育てていた花なら尚更ですね。

ぜひ、紫陽花は室内でも育てることができます。

室内でお気に入りの花を育てることで、
慌ただしく過ぎる生活に彩りを与えるようにしてくださいね。

こちらも読まれています↓↓
紫陽花の鉢植えが枯れる原因と対策

植物ペットカテゴリの最新記事