ミニ盆栽の肥料のおすすめはコレ!【肥料のやり方はどうすればいい】

ミニ盆栽の肥料のおすすめはコレ!【肥料のやり方はどうすればいい】

 

今はなかなか外出ができない社会になっていますね。

そんな社会の中で、若者を中心にミニ盆栽が静かなブームとなっていることを
ご存知でしょうか?

盆栽といえばご年配の方がやっていて老後の趣味のようにお考えの人も
多いかもしれません。

しかし、ミニ盆栽はその可愛らしい見た目でインテリアや
インスタ映えとしても有効ですので若者を中心にミニ盆栽が人気を呼んでいます。

しかし、ミニ盆栽といえども植物ですので、しっかりと手間暇かけて
育てなければ綺麗には育ちません。

そしてそのためにはミニ盆栽ですが肥料は必要なのでしょうか?

ここでは、ミニ盆栽に肥料が必要かどうかや、
肥料をやり方、おすすめの肥料について解説をしたいと思います。

こちらも読まれています↓↓
ミニ盆栽の水やりは留守の間はどうすればいい?

Advertisement

ミニ盆栽に肥料は必要?

ミニ盆栽の肥料のおすすめはコレ!【肥料のやり方はどうすればいい】

ではまずミニ盆栽育てる際には肥料が必要なのでしょうか?

結論から言いますと、ミニ盆栽にも肥料は必要になります。

Advertisement

ミニ盆栽は木の高さが10cm以下の盆栽のことを言います。

ミニチュアのようで忘れがちですが、ミニ盆栽でも立派な植物ですので、
栄養も吸収しますし、光合成だってもちろんします。

ですので、肥料を効果的にあげることで、ミニ盆栽もより成長をして、
木や葉に艶がでてきてより美しく育ってくれます。

しかしただやみくもにミニ盆栽に肥料をあげても効果があるどころか、
逆効果になってミニ盆栽の成長を止めてしまうこともあります。

ミニ盆栽への効果的な肥料の上げ方は後述をします。

ミニ盆栽を綺麗に育てるためには基本は水やりと日光になります。

これらはミニ盆栽の品種によってどれぐらいが適切かが変わってきますので、
もし気になるようでしたらミニ盆栽を購入する際店員さんに聞いてみるようにしましょう。

水やりは基本的には1日2回ほどを目安にして、水をあげすぎないように注意をしましょう。

土が湿って水分を含むぐらいを目安にすれば大丈夫ですよ。

水をあげすぎたら根腐れを起こしてしまいますので気をつけましょう。

そして、もう一つ必要なのが日光ですが、ミニ盆栽を部屋のインテリアと考えると、
つい日のあたりが悪い場所に置いてしまいがちです。

ミニ盆栽でも十分に光合成ができないと、病気になりがちになってしまいますので、
3時間から6時間を目安にしっかり日の当たる場所にミニ盆栽を置くようにしましょう。

またエアコンなどの人工的な風はミニ盆栽に良くないです。

ですので自然の風が当たる場所に置いてあげるなどして、
ミニ盆栽の環境を整えてあげてください。

これらの水と日当たり、そして肥料をしっかりあげることを心がければ、
ミニ盆栽は初心者でも綺麗に育てることができますよ。

Advertisement

ミニ盆栽の肥料のおすすめはコレ!【肥料のやり方はどうすればいい】

ミニ盆栽の肥料のおすすめはコレ!【肥料のやり方はどうすればいい】

ではミニ盆栽の肥料でおすすめはどのようなものなのでしょうか?

また肥料のやり方はどうすればいいのでしょうか?

続いて解説をしていきたいと思います。

まずミニ盆栽ですが、小さな鉢に入れて育てるので、必然的に土が少なくなります。

そして水やりをしていると養分もその分水に流れてしまいます。

これらより土に養分を充填させるためにも肥料はやはりあげたほうが良いです。

もしミニ盆栽に栄養が足りなかったとしたら、成長が止まってしまったり、
花が咲かなかったりと、盆栽の醍醐味を味わうことができません。

ですので、肥料を与えることはとても重要なのですね。

ただやみくもにミニ盆栽に肥料を与えて良いわけではありません。

植物は一年中成長をしているわけでなく、成長期と休眠期に別れています。

成長期は文字通り、植物が栄養をたくさん吸収してじゃんじゃん成長する時期です。

反対に休眠期は栄養を吸収することなく、成長をしません。

この時期に成長期に向けてのエネルギーを溜め込んでいるのですね。

この休眠期に肥料をあげると、植物には負担になって、逆効果になっています。

人間で言うならば、寝ているところを叩き起こされて栄養ドリンクを飲まされる感じです。

これはちょっときついですよね…。

ですので肥料をあげるのは成長期のみにしましょう。

ミニ盆栽の成長期は4月から11月ぐらいが多いです。

こちらもミニ盆栽の品種によって異なりますので、ミニ盆栽を始める際に、
しっかりと成長期と休眠期を調べるようにしましょう。

おすすめの肥料としてはバイオゴールドです。

バイオゴールドは天然有機肥料として人気の商品で、ネットや園芸店で大抵取り扱っています。

バイオゴールドは匂いもしないですし、使い方も簡単で、
土の上にポイポイと撒くだけで終わりです。

あとは水をあげてればバイオゴールドが溶けてくれるので、
土に栄養が加わってくれますよ。

だいたい1ヶ月を目安に肥料を土に加えるようにすれば大丈夫ですよ!

>>バイオゴールド

ミニ盆栽の肥料のおすすめはコレ!【肥料のやり方はどうすればいい】のまとめ

ミニ盆栽の肥料についてはおわかりいただけたでしょうか?

ミニ盆栽ですが、立派な植物ですので、水や日光、
そして肥料などが必要になります。

しかし肥料ですが、やみくもにあげるわけではなく、
盆栽の休眠期と成長期を理解してあげることが重要です。

それらをうまく駆使して、しっかり愛情を持ってミニ盆栽を育てれば、
ミニ盆栽は綺麗に育ってくれるはずですよ!

こちらも読まれています↓↓
ミニ盆栽の水やりは留守の間はどうすればいい?

植物ペットカテゴリの最新記事