ギターを日本からアメリカに送るのにおすすめの方法と料金

  • 2020.06.08
  • 更新日:2020.07.31
  • 趣味
ギターを日本からアメリカに送るのにおすすめの方法と料金

 

ギターって楽しいですよね。

ロックスターに憧れて、昔ギターを一生懸命練習したという人も多いかもしれません。

またはお子様が一生懸命ギターの練習をしていたということもあります。

そんなギターって思い出がたくさん詰まってしますよね。

例えばそんな思い出が詰まったギターが何かをきっかけに家から見つけた場合、
なんとかして持ち主に送り届けたいですよね。

それが海外に住んでいる場合もです。

例えばお子様がアメリがに留学中の場合、ギターを日本から送ることはできるのでしょうか?

またその場合の料金はどれくらいなのでしょうか?

ここでは、ギターを日本からアメリカに送るのにおすすめの方法と料金を
解説したいと思います!

こちらも読まれています↓↓
ギターに向いてる人向いてない人ってある?練習すれば誰でもうまくなる?

Advertisement

ギターをアメリカに送るのに気をつけること

ギターを日本からアメリカに送るのにおすすめの方法と料金

ではギターをアメリカに送る際に気をつけることは何なのでしょうか?

紹介をしたいと思います。

Advertisement

まずは根本的にギターをアメリカに送ることは可能です。

考えてみれば、海外のアーティストが日本でライブをすることはありますし、
その際は自前の楽器を使うと思いますので、楽器であっても送ることはできますね。

ただやはり海外にものを送るというのは、国内とは勝手が違います。

ギターをアメリカに送るのに気をつけることとしては、
以下のようなことがあります。

・日数がかかる

当然ですが、アメリカに送る場合日数もそれなりにかかります。

日数については後述をしますが、基本的にはアメリカにギターを送る場合、
航空便か船便かを選ぶことになります。

航空便の方がお値段は高いですが、日数は短く、
船便の方がお値段は安いですが、日数はかかるといった感じです。

・送れないものがある

海外に物を送る際には法律や条例によって、送れないものもあります。

これらは海外旅行でも同じですね。

せっかくギターを送るのだから他の物も送ってあげようと思ったら、
送れないということはよくありますので注意をしてください。

送れないものとしては、爆発物、危険物、麻薬類、生体、わいせつな物品などです。

まぁこれらを送ることはそうないでしょう。

日本のお菓子や食べ物は問題なく送れるので、ギターと一緒にそれらを送る場合は、
大丈夫ですよ。

基本的には海外に物を送るときは空港の手荷物検査のように、
X線検査がされますので、それでダメなものは手元に帰ってきます。

・国際情勢によっては送れないことがある

こちらもアメリカならそうないと思いますが、
国際情勢によっては物が送れなくなることはあります。

例えば、ギターを送った直後に国際情勢の変化によって、
配送禁止になった場合は、荷物が戻ってくるならまだしも、
うやむやになってそのまま戻ってこなくなることもあります。

また根本的に空港の荷物なんてのもそうですが、
海外に物流は日本よりいい加減なとこもありますから、
物が届かないなんてことも十分にありえます。

気をつけようがないことかもしれませんが、
必ず届くということが日本よりは保証がされていないことを注意しましょう。

Advertisement

ギターをアメリカに送るのにおすすめの方法と料金

ギターを日本からアメリカに送るのにおすすめの方法と料金

ギターをアメリカに送るのにおすすめの方法は何なのでしょうか?

またその料金はどれぐらいなのでしょうか?

続いて解説をしていきたいと思います。

ギターに限らずアメリカに物を送る際には、
上記の通り航空便か船便になります。

航空便の場合ですと、目安としては到着までは1週間前後かかります。

もちろんこれも場所によっては日数は大きく前後をします。

ギターの場合は、料金はだいたい8000円前後ぐらいになることが多いです。

それに加えて関税手数料なども加わり結果的には1万円近くになります。

航空便はしょうがないにしても、それでも結構かかってしまいますね。

では船便の場合はどうなのでしょうか?

船便の場合は、目安としてはだいたい1ヶ月から3ヶ月ほどかかります。

そして料金は4000円前後のことが多いです。

安い料金は魅力的ですが、やはり日数はかなりかかってしまいますね。

基本的にはギターをアメリカに送るにはこれぐらいしか手段もないので、
料金を取るか日数を取るかの問題になってきます。

どちらを重視するかはその人次第ですので、
自分の考え方に合っている方をおすすめします。

ただ航空便か船便かでどちらが楽器に負担が少ないかを考えたら、
船便の方が楽器には優しいでしょう。

航空便ですと、運搬に際に揺れたりギターに傷がつくこともありますし、
気圧の変化によって、デリケートなギターの場合は変化をきたすこともあります。

大切なギターを投げられたりしたら嫌ですしね。

これらのことを考慮した上で、アメリカへギターを送る際の方法を、
選ぶようにしてくださいね。

Advertisement

ギターを日本からアメリカに送るのにおすすめの方法と料金のまとめ

ギターを日本からアメリカに送ることについてはおわかりいただけたでしょうか?

ギターを日本からアメリカに送ることは可能です。

その際に方法としては航空便か船便になります。

航空便の場合は早いけど料金は高い。

船便の場合は時間がかかるけど料金は安い、というような分け方になっています。

どちらの方法で送るかはその人の考え方次第になりますので、
合っている方でギターを送るようにしてください。

そして遠く離れた地でも愛着あるギターを弾けるようにしてあげてくださいね。

こちらも読まれています↓↓
ギターに向いてる人向いてない人ってある?練習すれば誰でもうまくなる?

趣味カテゴリの最新記事