ギターに向いてる人向いてない人ってある?練習すれば誰でもうまくなる?

  • 2020.06.08
  • 更新日:2020.07.31
  • 趣味
ギターに向いてる人向いてない人ってある?練習すれば誰でもうまくなる?

ギターって楽しいですよね。

好きなアーティストやバンドの曲を弾けたらかっこいいですし、
ギターに魂を乗せて歌うというのも憧れますよね。

またギターが弾けたらモテるということでギターを始める人もいるかもしれません。

どんな理由であれ、ギターを弾くことが好きなら問題はありません。

筆者は自分の好きなバンドの曲が弾きたくてギターを始めましたが、
それでももう10年ほど趣味として続いています。

うまくはないですが、ジャガジャガ弾く分には弾けるので、
それなりに良い趣味にはなっています。

しかし、ギターに向いている人向いていない人というのはあるのでしょうか?

練習をすれば誰でもうまくなるのでしょうか?

ここではギターに向いている人や向いていない人、
また練習をすれば誰でもうまくなるのかを解説していきたいと思います!

こちらも読まれています↓↓
アコギ・アコースティックギター消音方法

Advertisement

ギターに向いている人ってどんな人?

ギターに向いてる人向いてない人ってある?練習すれば誰でもうまくなる?

実際ギターに向いている、向いていないというのはあるのでしょうか?

結論から言えば、筆者は少なからずあると思います。

Advertisement

やはり人の生まれもったセンスやリズム感、音感、手の大きさなど、
それらの要素がギター向きでしたら、他の人より上達は早いと思います。

しかし、それ以上に筆者はギターに向いている人は、
何よりも「ギターを楽しめる」ということに尽きると思います。

当然ですが、初心者がいきなりプロ級のギターを弾けるわけはありません。

地道にコードを覚えて、練習をしていくうちにだんだんと上達をしていきます。

調べによると、楽器屋で楽器を購入をした初心者の9割は、
1年以内に楽器を諦めてしまうそうです。

まぁある意味そのような人のおかけで楽器屋さんが
儲けが出ると言っても良いのですが…笑

また、ギターの場合は初心者の壁としてよくFのコードが上がります。

筆者的にはどちらかというとBの方が壁になると思いますが、
まぁそれは置いておきましょう。

このFのコードを弾けるようになるまでには、指が痛くなるのを我慢しなくてはいけません。

そしてだんだんと指先が硬くなってやっとギターが弾けるようになってきます。

ですので、その苦しみや苦行を楽しみながらや、曲を弾きたいという熱意を持って、
乗り越えられるのが一番ギターに向いていると思います。

上記のようなセンスやリズム感などはその次のステップになります。

ギターを辞めてしまう理由で、手が小さいから…という人がいますが、
個人的にはそれは言い訳だと思っています。

手が小さくてもプロのギタリストはいますし、普通に練習して曲を弾く分には
問題なくできるはずです。

ですのでまずはとにかくギターが楽しい!あの曲が弾きたい!という
強い熱意を持って、壁を乗り越えられる人がギターには向いていると言えます。

Advertisement

ギターは練習すれば誰でもうまくなる?

ギターに向いてる人向いてない人ってある?練習すれば誰でもうまくなる?

ギターは練習をすれば誰でもうまくなるのでしょうか?

結論から言えば、練習をすれば誰でもうまくはなります。

ただ成長速度に関しては練習の仕方によって違ってきます。

かっこいいギターソロやギタープレイなどは憧れますが、
それらは簡単にはできるようにはなりません。

どんなプロでも愚直な練習と努力によってかっこいいプレイができるようになります。

そしてギターの練習ですが、やはり早くうまくなりたいと思うのなら、
しっかりとした教室に通って、プロの方に見てもらうのが一番です。

プロに見てもらってしっかりと練習の指針を立て、
悪い癖を直しながら正しい練習をしていけば確実に上達をします。

筆者の場合は10年ギターを弾いていますが、
ぶっちゃけ10年ただなんとなく続けてきたに過ぎません。

ですので、しっかりレッスンをして真面目に練習をしてきた人の
2年よりも多分うまくないと思います。

ですので、練習をすれば誰でもうまくはなると思いますが、
練習の仕方はとても大事で、やはり早くうまくなりたいのなら、
しっかりとレッスンを受けるようにしましょう。

しかし、近くにギター教室がない場合は困りますよね。

そんな時はオンラインレッスンやYouTubeを活用すると良いでしょう。

ギター講師の方の中ではオンラインレッスンが可能な方もいますし、
今はYouTubeで大量のギターのレッスン動画があります。

YouTubeに関してはギター系というジャンルが確率されておりますし、
様々な人がレッスンをしてくれているので、基本的には教材には困らないと思います。

練習の仕方などもそれで学ぶことができますし、
今ギターを始める人は羨ましいです、ほんと…。

上手い人のプレイを見るのはモチベーションを上昇させてくれますし、
何より無料で手軽に見ることができます。

ぜひギターを練習する際にはこれらを利用して、
効率よくうまくなるようにしてくださいね。

Advertisement

ギターに向いてる人向いてない人ってある?練習すれば誰でもうまくなる?のまとめ

ギターに向いている人や向いていない人についてはおわかりいただけたでしょうか?

ギターに向いているというのは色々な要素がありますが、
一番大事なのは、ギターをうまくなりたい!楽しい!と思う気持ちだと思います。

ギターの練習は地味ですし、すぐに弾けるわけではないので、
そのような気持ちがないと飽きてやめてしまいます。

また練習をするにしてもやはり教室などに通って、プロに見てもらうことが
上達の近道になります。

ぜひ熱い気持ちと正しい努力をして、ギターを上達するようにしてくださいね。

こちらも読まれています↓↓
アコギ・アコースティックギター消音方法

趣味カテゴリの最新記事