ちびまる子ちゃんの家族構成は?

ちびまる子ちゃんの家族構成は?

ちびまる子ちゃんの家族構成についてなんとなくは知っているけど、
詳しくは知らないという人も多いと思います。
ここではちびまる子ちゃんの家族構成について解説をしたいと思います。

Advertisement

ちびまる子ちゃんって面白いですよね。

愉快なキャラクターが織りなすストーリーは大人にっても共感できることがあり、
子供から大人まで楽しむことができます。

またちびまる子ちゃんは作者のさくらももこさんのエッセイ的な側面もあるので、
絶妙なリアル感があるのがいいですよね。

そんなちびまる子ちゃんの魅力は家族にもありますよね。

ですが、ちびまる子ちゃんの家族構成についてなんとなくは知っているけど、
詳しくは知らないという人も多いと思います。

ここではちびまる子ちゃんの家族構成について解説をしたいと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちびまる子ちゃんランドOfficial(@chibimarukochan_land)がシェアした投稿

Advertisement

ちびまる子ちゃんの家族構成の詳細について

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちびまる子ちゃんランドOfficial(@chibimarukochan_land)がシェアした投稿

ちびまる子ちゃんことさくらももこの家族構成ですが祖父母、両親、
姉妹の6人家族となっています。

Advertisement

ではそれぞれの家族の詳細について解説をしていきたいと思います。

・さくらももこ

物語の主人公。

楽天的でマイペースな性格をしており、お調子者の言動からよく家族には怒られてます。

マイペースな性格の反面、好奇心は旺盛であり、自分の興味ある分野にはすぐに熱中をする。

将来の夢は漫画家であるが、通訳になって世界中を回るという夢も持っているそうです。

勉強は大の苦手で、運動も得意ではないが足はそれなりに早く、
特に長距離が得意で、マラソン大会では学年10位以内の成績を収めている。

ちびまる子ちゃんという物語から間抜けなまる子をイメージしがちですが、
まる子は作者のさくらももこさんの少女時代がモデルとなっています。

ですので、文才にも溢れ将来的には漫画家として一時代を築くのですからすごいですよね。

・さくら 友蔵

まる子の祖父であり、父ひろしの父親。

孫思いであり、良きまる子の理解者となっています。

趣味は俳句であり、「友蔵心の俳句」はストーリーの中でもオチによく使われていますよね。

・さくら こたけ

まる子の祖母であり、ひろしの母親。

優しく穏やかな性格であり、よくまる子に生活の知恵を教えてくれます。

ちびまる子ちゃんのおばあちゃんは知っていますが、
本名まで知っている人は少ないのではないでしょうか?

・さくら ひろし

まる子の父。

グータラな性格であり、楽天家。

働いている描写がアニメでは描かれていないため、職業は不明。

しかし、作者のさくらももこさんの実家が八百屋だったことから、
八百屋で働いていることが予想されています。

グータラな性格で描かれていますが、だからこその渋い名言もあり、
隠れたファンの多いキャラクターでもあります。

・さくら すみれ

まる子の母。

旧制はこばやしであり、料理が得意。

まる子には怒ることも多いですが、普段は温和で優しい人物として描かれています。

家族からは「お母さん」と呼ばれていますが、
友蔵とこたけからは「すみれさん」と呼ばれる描写が多いです。

ちなみにさくら すみれと同じ国民的アニメである「クレヨンしんちゃん」の
まさおくんは同じ声優さんです。

筆者はこれを知った時とても驚きました。

・さくら さきこ

まる子の3歳上の姉。

西城秀樹の熱狂的なファン。

まる子とは違って真面目な性格であり、母親から怒られることは少ないです。

まる子とはよく喧嘩をしますが、妹思いの一面を見せてくれて、
さきこに焦点を当てたアニメの回もあります。

ちびまる子ちゃんは舞台設定が古いですから、
昔ながらの日本の家族という感じがしますね!

友蔵とこたけはひろしの父になるので、同じ国民的アニメであるサザエさんの
マスオさんとは逆の状態ですね。

ちびまる子ちゃんの面白さはこのさくら家の個性豊かなキャラクターが
鍵となっているとも言っていいでしょう。

Advertisement

実際は違う!?あの人物の衝撃の真実!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちびまる子ちゃんランドOfficial(@chibimarukochan_land)がシェアした投稿

ちびまる子ちゃんは上記の通り、作者のさくらももこさんのエッセイ的な要素があります。

ですので、家族構成はさくらももこさんの家族と同じですし、
クラスメイトも全員ではありませんが実在する人物がモデルとなっています。

ですので、さぞかし明るい家族だったと思うのですが、実は違います。

作中ではまる子の良き理解者であり、パートナーとなっている友蔵は、
実際はすごく意地悪な祖父だったそうです。

この事実はさくらももこさんのエッセイでも語られています。

実在のさくらももこさんの祖父は意地悪で、さくらももこさん姉妹は
嫌な思いをすることが多く、姉妹揃って嫌っていました。

ですので、ちびまる子ちゃんを作り始める際には、
さくらももこさんの「こんなおじいちゃんだったらな」という願望を元に、
友蔵というキャラクターが生み出されました。

これは衝撃な事実ですね。

でも確かにあんなおじいちゃんだったら誰でも欲しいですよね。

そのようなリアルと願望が混じった世界観だからこそ、
ちびまる子ちゃん特有の世界観が生み出されているかもしれませんね。

Advertisement

ちびまる子ちゃんの家族構成は?のまとめ

ちびまる子ちゃんの家族構成についてはおわかりいただけたでしょうか?

まる子は6人家族であり、姉妹、両親、祖父母が同居しています。

それぞれに名前とキャラクターがつけられており、昔ながらの家族を描いています。

しかし、作中の人気キャラクター友蔵は、実際の人物は意地悪な人であり、
さくらももこさんの理想のおじいちゃんとして作品の中の友蔵は描かれています。

そんなちびまる子ちゃんはこれからもきっと、日常をおもしろおかしく、
私たちを楽しませてくれるはずでしょう。

アニメカテゴリの最新記事