トナカイの寿命は何年?

トナカイの寿命は何年?

今年もクリスマスの時期が近づいてきましたね。

クリスマスには様々なイベントが開かれますが、クリスマスと言えばトナカイですよね。

トナカイはサンタのソリを引く動物のイメージが強いですが、実際のトナカイの寿命は何年ほどになるのでしょうか?ここではトナカイの寿命について解説をしていきたいと思います。

Advertisement

トナカイの寿命について解説!

トナカイの寿命は何年?

それではトナカイの寿命について解説をしていきます。

トナカイに限らず動物はだいたい雄より雌の方が寿命が長いです。

Advertisement

これは多くの種を残すための動物の遺伝子に刻まれているものですね。

生物学的な場合は雌は10年から15年ほどの寿命と言われており、
雄の場合は8年ほどと言われています。

しかし、生物学的な寿命はこれぐらいでも、野生下では寿命を全うできるトナカイは少なく、
平均で4年から5年ほどで雄雌関わらず、死んでしまうことが多いです。

その理由としては、野生下ではトナカイには天敵も多く、
ヒグマやアメリカングリズリーなどに襲われたり、
子供の時に傷を負ってしまうことが多いです。

またトナカイは古くから家畜としても利用をされてます。

食肉の他にも、革製品にトナカイの皮はよく使われている他、
薬膳として角を粉末にしたものが用いられます。

これらのことがトナカイの寿命が短くなっているよういうんですね。

逆に飼育下ではトナカイの寿命は延びるとされており、
飼育下では22年ほど生きたという記録があります。

このようにトナカイの寿命ですが、生物学的には長くても、
多くのトナカイは寿命を迎えずに様々な要因によってその一生を終えます。

野生動物の場合は自然の摂理とはわかっていながらも、やはり厳しい世界ですね。

Advertisement

トナカイの生態について!

トナカイの寿命は何年?

では続いてトナカイの生態について詳しく解説をしていきましょう。

トナカイは偶蹄目シカ科に分類され、見て分かる通りシカの仲間になります。

北米ではカリブーと呼ばれており、カリブーとトナカイは同一のものになります。

トナカイは分布としては北米アラスカを中心に北極圏に生息をしています。

他にはカナダやノルウェーやロシアに生息をしています。

かつてはスウェーデンにも生息をしていましたが、
スウェーデンの生息個体は絶滅をしてしまいました。

トナカイはシカの仲間ですが、実はトナカイには普通のシカとは違う大きな特徴があります。

それはシカの中で唯一雄雌ともに角が生えています。

これは普通のシカの場合、角の用途としては繁殖期に雄が他の雄と戦ったり、
自分の強さをアピールするためのものです。

しかし、北極圏に住むトナカイの場合は、積雪の時期に、
雪を掘って、餌を探さなければなりません。

これは、雄雌関係なく同様ですので、雄雌共に角が生えているように進化をしました。

動物の環境への適応能力は面白いですね。

このように雄雌同様に角は生えていますが、雄の角の方が雌よりはるかに大きいです。

これは上記の通り、角の大きさが雄としての強さのアピールにもなるからです。

そしてもう一つトナカイの特徴としては他のシカに比べて、体毛が厚くなっています。

そしてこの体毛の内部には空洞になっているため、保温性に優れています。

この理由としては、北極圏の寒さから体を温めるということであり、
空洞の分厚い毛は天然のダウンジャケットになっているということですね。

そのため毛皮も古くから人気であり、現在でも天然トナカイの毛皮は、
高級品であり、アウトドアにおいて人気の高い商品となっています。

トナカイの蹄ですが、普通のシカと違い大きく、接地面も大きくなっています。

これにより、雪を歩く際にも体重が分散をされるので、歩きやすくなっています。

これはスノーブーツと同じ仕組みですね。

このように寒冷地に住む動物だからこそ、その場所に合わせた進化がされています。

トナカイは群れで生息をしており、集団で移動をします。

シカの場合は雄と雌で別れて群れを作ることが多いのですが、
トナカイの場合は、雄雌混合で大きな群れを作ります。

そして主に地面に生えている草を食べながら集団で移動をしていきます。

トナカイは一夫多妻性であり、繁殖期には雄同士が雌を巡って争います。

そして勝者は雌を10匹ほど囲むハーレムを作り、子孫を残します。

このような生態を持つトナカイですが、現在絶滅危惧種に指定をされています。

その理由としては、地球の環境の変化です。

地球温暖化などの環境変化によって、北極圏の植物が育たなくなり、
その結果、トナカイの餌が取れずトナカイが相次いで餓死をするということが起きています。

実際この20年間でトナカイの個体数は40%ほど減少しているという報告もあり
今後、さらなる絶滅の危機にも晒されています。

トナカイに限らず環境の変化によって絶滅の危機に晒されている動物は多いです。

だからこそ私たちが環境を考え、共存の道を進まなければいけませんね。

Advertisement

トナカイの寿命は何年?のまとめ

トナカイの寿命についてはお分かりいただけたでしょうか?

トナカイは寿命としては15年ほどありますが、
多くはその寿命を迎えられず死んでしまいます。

トナカイはシカの仲間ですが、北極圏に住むこともあり、
それに合わせた進化をしています。

そして、トナカイは北極圏の環境の変化によって、絶滅の危機に晒されています。

自然動物を守るためにも、私たちは環境について今一度考えなければなりませんね。

植物ペットカテゴリの最新記事