トナカイの毛皮は暖かい!その秘密とは!

トナカイの毛皮は暖かい!その秘密とは!

クリスマスといえば、トナカイですよね。

クリスマスのモチーフはたくさんありますが、その中でもトナカイは人気で、
このシーズンになるとトナカイをよく見かけます。

寒冷地に住む野生のトナカイですが、
その厳しい環境をどうやって生きているのでしょうか?ここでは、トナカイが寒冷地でも生き抜く秘密について、解説をしていきたいと思います。

Advertisement

トナカイが寒冷地でもいきていられるのは毛皮が暖かいから?

トナカイの毛皮は暖かい!その秘密とは!

トナカイの主な生息地は北極圏などの寒冷地になります。

北アメリカアラスカやカナダ、ノルウェーやスウェーデンに生息をしています。

Advertisement

それらの地域は北極圏であり、冬は当然ものすごく寒いです。

そんな地域を生きているトナカイですが、寒くて凍えないのでしょうか?

結論から言えば、凍えません。

トナカイが凍えない秘訣とは、毛皮にあります。

トナカイは偶蹄目シカ科に属する動物ですが、
シカといえば短い毛のイメージがあると思います。

しかし、トナカイの場合は長い毛に覆われていて、とても暖かそうですね。

このトナカイの毛ですが、他のシカ科に属する動物に比べて、
体毛が厚くなっています。

そして、その太く長い体毛の中は空洞になっていることで、
温度を通さず、保温性の高い毛になっています。

空気が詰まっているということで、
天然のダウンジャケットにのようになっているということですね。

また、断熱ガラスなども、空気を入れることで温度が伝わるのを防いでいるため、
同じ仕組みですね。

そんな毛が首の周囲にもモフモフと生えているので、体温を保ち、体を守ることもできます。

実際、天然のトナカイの毛はその保温力から人気の毛皮であり、
アウトドア用品では高級品で人気があります。

そして北極圏ではトナカイの毛皮の絨毯やラグを使っている家庭も多いです。

またそのほかにもトナカイは寒冷地で生きていくために進化をしています。

普通のシカの場合は、蹄は細く、接地面は少なくなっています。

ただトナカイの場合は蹄が大きくなっており、接地面が大きくなっています。

接地面が大きくなることによって、深い積雪の場所も歩くことができるようになっています。

これはスノーブーツと同様ですね。

トナカイは寒冷地に生きるからこそ、その土地に合わせた進化をしています。

これらの進化は生命の神秘であり、動物の起源を知ることもできますので、
興味がありましたらぜひ調べてみてくださいね。

Advertisement

トナカイが絶滅危惧種って本当?

トナカイの毛皮は暖かい!その秘密とは!

そんなトナカイですが現在絶滅の危機に瀕していると聞いたことがあるかもしれません。

トナカイは本当に絶滅の危機にあるのでしょうか?

結論から言えば、本当です。

現在、トナカイは個体数の減少が著しくなっております。

現に20年前のトナカイの個体数と比べると、40%近く減少しているという報告もあり、
トナカイは絶滅危惧種に指定もされています。

そして、そのトナカイが絶滅の危惧に瀕している要因には環境の変化があります。

トナカイは北極圏に住んでおり、主に草や根を食べる草食性の動物です。

群れを形成して、草や根を食べながら移動をして繁殖を繰り返します。

トナカイの特徴といえば、大きな角ですが、一般的には角はオスにしかありませんよね。

しかし、トナカイの場合はメスにも角が生えています。

一般的なシカの場合は繁殖期にメスにアピールをするために、大きな角を持ち決闘をします。

逆にいえばそれぐらいの用途しかないのですが、トナカイの場合は、他に大事な用途があります。

それは餌探しです。

寒冷地の冬は当然積雪に見舞われます。

トナカイは地中の草や根を食べるために、雪を掘り起こさなければなりません。

その際に角を使います。

このように、トナカイの生態には餌を食べるというのが密接に関わっています。

しかし、近年地球温暖化の影響により、
北極圏の植物が育たなくなっているという報告があります。

その結果、トナカイは餌を食べられなくなってしまい、
餓死するということが相次いでいます。

トナカイの生物学的な寿命はだいたい15年から18年ほどになっています。

しかし、野生のトナカイは天敵も多く、また餌がなくて餓死をすることも多いので、
10年も生きられないことが多いです。

その結果、個体数が減少をしており、絶滅の危機に瀕しています。

地球温暖化の影響は色々なところで言われていますが、
北極圏に住むトナカイにも影響があったのですね。

今は環境について話題になっていることも多く、
私たちも考えなければならないことが多いです。

トナカイに限らず、北極圏に住む動物は、地球温暖化の影響を大きく受けます。

ぜひ今一度環境についてもう一度考え、共存の道を進まなければいけませんね。

Advertisement

トナカイの毛皮は暖かい!その秘密とは!のまとめ

トナカイの毛皮が暖かい秘密についてはおわかりいただけたでしょうか?

トナカイの毛は他のシカに比べて分厚く、中も空洞になっているため、
温度を通さず保温性に優れています。

またそれ以外にも蹄などトナカイは寒冷地で生きていく進化をしています。

しかし、現在トナカイは絶滅の危機に瀕しています。

そしてその理由は地球温暖化による餌不足です。

私たちは今一度環境について考え、小さいことから始めなければなりませんね。

植物ペットカテゴリの最新記事