ちびまる子ちゃん「ひらばくん」とは?

ちびまる子ちゃん「ひらばくん」とは?

ちびまる子ちゃんのひらばくんという人物はご存知でしょうか?

Advertisement

ちびまる子ちゃんって面白いですよね。

個性豊かなキャラクターが織りなすストーリーに大人になっても楽しめますよね。

時間帯も日曜日の夕方ということで、
休日の最後にちびまる子を楽しみにしている人も多いと思います。

ちびまる子ちゃんといえばクラスメイトのキャラクターも魅力ですよね。

まる子の親友のたまちゃんや、お調子者のはまじ、
胃腸の弱い山根くんなど人気が高いですよね。

しかし、その中でひらばくんという人物はご存知でしょうか?

あまりちびまる子ちゃんの主要キャラではないひらばくんの存在、気になりますよね。

ここではちびまる子ちゃんのキャラクター、ひらばくんにスポットを当てたいと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちびまる子ちゃんランドOfficial(@chibimarukochan_land)がシェアした投稿

Advertisement

ちびまる子ちゃんのひらばくんとは一体どんな人物?

ちびまる子ちゃんに登場するひらばくんとは一体どんな人物なのでしょうか?

Advertisement

結論からいえば、ひらばくんとはまる子のクラスメイトである
平岡秀章(ひらおかひであき)さんのことを指します。

ちびまる子ちゃんは作者のさくらももこさんのエッセイ的な側面もあります。

ですので、登場人物の多くは実在する人物であり、
まる子の親友のたまちゃんもはまじも実在する人物です。

はまじこと浜崎憲孝さんは書籍も出しており、テレビにも出演することもありますね。

また元サッカー日本代表で現在FC東京で監督を務める長谷川健太さんも
さくらももこさんと同じクラスメイトで少年時代の長谷川健太さんの
エピソードもちびまる子ちゃんには登場します。

そんな実在する登場人物が多いちびまる子ちゃんですが、
ひらばくんこと平岡秀章さんはアニメの初期に登場をします。

平岡秀章さんは面白いアイデアを考えることが好きな少年で、
まる子と一緒に校内放送の企画考えることになります。

ストーリーではこのまる子と一緒に校内放送の企画を考えたことをきっかけにして、
放送作家という職業に興味を持つようになりました。

そして、平岡秀章さんは実際に今も放送作家として活躍をされており、
ちびまる子ちゃんの脚本を務めたこともあります。

自分の子供の頃が描かれているアニメで夢がかなって、
その脚本を書くというのは凄まじいですね!

ちなみにツイッターもやっておられました。

ちなみに平岡秀章さんがなぜ「ひらば」と呼ばれているかは、
明らかになっていません。

小学生の頃の話ですし、小学生の場合なぜか知らないけど
あだ名がつけられているなんてことはよくありますので、
そんな感じなのでしょう。

アニメの初期ではひらばくんは数回登場しましたが、
回を重ねるごとに徐々に登場しなくなりました。

ただ実際どこまでが本当なのかはわかりませんが、
子供の頃の話がアニメになっているという経験はなかなか味わえるものではないですし、
自分が平岡秀章さんの立場でしたらとても嬉しいですよね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちびまる子ちゃんランドOfficial(@chibimarukochan_land)がシェアした投稿

Advertisement

ちびまる子ちゃんで実在したクラスメイト!

上記の通り、ちびまる子ちゃんはさくらももこさんのエッセイ的な要素もあるので、
実在する人物も多くいます。

ではそんなクラスメイトで実在する人物を平岡秀章以外にも紹介していきましょう。

・たまちゃん

上記の通り、まる子の親友であるたまちゃんは実在する人物です。

たまちゃんと言えばメガネがトレードマークでしたが、小学生当時は、
メガネはかけていなかったそうです。

たまちゃんとの仲は大人になっても続いていたそうで、
さくらももこさんがプライベートを表に出さず、
乳がんを患った頃もたまちゃんとは会っていたそうです。

・花輪くん

キザだけど優しい花輪くんはちびまる子ちゃんの中でも人気キャラクターですね。

そんな花輪くんもモデルがいます。

しかし、花輪くんのモデルは女性だったそうです。

お金持ちですが花輪くん同様それをひけらかすことなく、
明るくて優しい性格の少女だったそうですね。

・ブー太郎

ブー太郎は逆に本当にそんまんまのキャラクターだそうです。

流石に語尾にブーはついていないでしょうが、
このように実際にいる人物をモデルにすることで、
ちびまる子ちゃんの独特のリアル感を出しているのでしょうね。

・野口さん

独特なキャラクターの野口さんもそっくりらしいですね。

でも確かにちょっと影があるけどお笑い好きな人ってクラスメイトに
一人ぐらいいますもんね!

このように実在人物が多いちびまる子ちゃん。

しかし意外なところではまる子の祖父友蔵は空想のキャラクターです。

これはさくらももこさんのエッセイにあったのですが、
さくらもももこさんの実在のおじいさんは意地悪な人で、
さくらももこさんや姉からも嫌われていたそうです。

ですので、さくらももこさんは、こんな人がおじいちゃんだったらいいなということで、
友蔵というキャラクターを作りました。

なんとも意外な話ですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちびまる子ちゃんランドOfficial(@chibimarukochan_land)がシェアした投稿

Advertisement

ちびまる子ちゃんのひらばくんとは?のまとめ

ちびまる子ちゃんのひらばくんについてはおわかりいただけたでしょうか?

ひらばくんとは現在、放送作家として活躍をしている、
平岡秀章さんのことで実在する人物のことです。

アニメ初期には登場をしていましたが、最近ではほとんど登場をしなくなっています。

ちびまる子ちゃんは平岡秀章さんの他にも多く、
実在する人物がいます。

そのようなリアル感が、ちびまる子ちゃんのリアルな面白さに繋がっているのですね!

アニメカテゴリの最新記事